本日の学び 2021/04/20

学んだ単語

 

オブジェクト指向

→登場する役割ごとに分けて実装する方針のこと。

 メリットとしては大きく2つあり、

 役割ごとに分けることで作業がしやすくなる。

 コードの改行がしやすくなる。

 

正規表現

→文字列に特定の文字が含まれているか確認すること、

 特定の文字を取り除くなど作業を行うための技術のこと。

 Rubyにおいてはメソッドが2種類あり、subメソッド、matchメソッドがある。

 

DRY

→同じ情報を繰り返し定義しないという考え方。

 メリットとして可読性の向上、アプリケーションの動作が早くなること。

 

モジュール

インスタンスを生成できないクラス。

 

サービスクラス

→コントローラー内のコードの可読性を高めるために用いる概念。

 

セッション

webサービスにおいて情報を一時的に記憶しておく仕組み。

 

クッキー

→ブラウザが持っているデータの保存領域のこと。

 

JavaScript

→用いることで主に次の2つの操作が可能になる。

 ページ遷移なしで画面の表示を切り替えることができる。

 画面を更新せずにサーバーから値を取得することができる。

 

イベント

JavaScriptにおけるHTMLに対しての要求のこと。

 またイベントを認識してJavaScriptのコードが動き出すことをイベント発火という。

 例えば、マウスカーソルが指定された要素上に乗った時に

 発火することなどが当てはまる。

 

以上